引き寄せ・スピリチュアル

引き寄せの法則を信じた結果…希望の物件に住む方法教えます

引き寄せの法則、あなたは信じますか?私は普通に信じています。

だって、引き寄せの法則を信じた結果、色々なモノを引き寄せることができたからです。
中でも、今住んでいる物件(賃貸・2LDKマンション・築浅人気物件)は、確実に引き寄せました笑

しかも、ピンポイントで…私の細かい条件をクリアした、第一希望の物件だったんです。
人気があるので常に満室。なかなか募集してなくて、開くと一瞬で問い合わせがきて入居になる物件…。
だから、引き寄せをしていなかったら、確実に逃していたと思います。

今回は、私が人気があって、私の条件をほとんどクリアした物件を引き寄せたように、あなたが探している物件や、希望の条件にぴったり合った物件に入居できる方法をお伝えします。
具体的に言うと、物件の引き寄せ方ですね(もちろん、他のモノの引き寄せにも使えます)。

興味のある方は、どうぞご覧ください。

【思考は現実化する】引き寄せの法則は簡単

引き寄せの法則は、オカルトでも宗教でもなく、酸素のように自然に発生するエネルギー…確実に存在しています。
では、どうやって希望の物件を引き寄せたのか?

最初にやることは…書き出すことです。

よく、引き寄せノートを作る、なんて言いますが、私は手帳に書きだしました。
手帳の方が、常に持ち歩いているので、書きやすいし、目に留まりやすいからです。
せっかく、引き寄せノートを作っても、私は仕事中持ち歩かないだろうし、なくしてしまいそうなのでやめました。

万が一、引き寄せノートをなくして、人に見られたら恥ずかしい…という気持ちもありましたね笑

本来は、引き寄せノートを作るのが正しいと思います。
でも、私は手帳に書くのでも、十分効果がありましたよ。

引き寄せの法則は書き方がある

  • この物件に住みたい→×
  • この物件に住んでいる→

こんな感じ、わかりますか?
「○○したい」と書いたりイメージしてしまうと、ずっと引き寄せられないままであると言われています。

引き寄せる=将来をイメージすること、なので「来年4月に、この物件に住んでいる」と書き出すのが正解。
住んでいる自分をイメージして書き出すのです。

引き寄せるための書き方…具体的に書くことが大事

まず、書き出したこと

  • 大体の家賃(いくらまでOK)
  • 間取り(2LDK、3DK)
  • 駅からの距離(駅から徒歩何分以内)
  • こどもの学区
  • 大体のエリア(我が家は、夫の実家の近くに決めてました)

ネットで物件さがし・物件名を書き出す

今は便利な時代…平日、時には土曜日まで働いている共働きの我が家なので、物件さがしをする時間はあまりありません。
もちろん、現地に行く時間もなかなかとれないですよね(特に遠方の場合)
ですが、ネットで検索すれば、家賃はもちろん、大体の場所や学区、物件名まで見ることができます。
現在募集中のだけだと、良い物件がないことが多いので、過去に募集されていた物件も検索しておきます。
過去に募集されていて、今空きがない物件は、人気がある物件であることが多く、「空いたら連絡ください」と不動産屋さんに伝えておくと良いです。



ネットでメール設定をしておく

2LDK、家賃、駅から何分か…など、絶対譲れない条件がありますよね。
それらを、不動産検索サイトに登録しておいて、条件にあう物件が出たら、メールでお知らせしてもらいましょう。
私はsuumoに登録しました。

不動産の空き情報って、コロコロ変わるので、人気物件の空きが出た場合、一瞬だけですぐ埋まってしまうことがあります。
※私が今住んでいる賃貸マンションもそうでした。

1日中ネットで検索しているわけにもいかないので、そのお知らせがきたときに、なるべく早く不動産屋さんに問い合わせすることをおすすめします。めったに出ない人気物件ならなおさらです。

※私も、その日にすぐアクションを起こしたので、不動産屋さんが仮押さえしてくれました。
その後、他の人から何件も問い合わせがあったみたいなので、すぐに動いてよかったです♪

登録して時々サイトも見ていると、人気のない物件がずーっと残っていることに気づきます。
何か、原因があるから残っているわけです。
大体は、古いのにムダに広くて家賃が高い、家賃は安いけど管理費や駐車場代を含めると高い…場合が多い印象ですね。

具体的な引っ越し時期を書く

3月末に引っ越したかった私の場合、

  1. 1月下旬から2月上旬→希望物件に空きが出る・それをみつける
  2. 2月上旬から中旬→内見に行く、気に入れば契約
  3. 2月下旬→住んでいる人が引っ越し、部屋のメンテナンス…引き渡しは3月上旬から中旬
  4. 3月下旬→引っ越し、入居

細かく、なるべく具体的に、入居までのスケジュールを書き出しました。
これが引き寄せるためには大事なポイントのようです。

良い物件を引き寄せるコツ…可能なら、現地に物件探索に行く

さて、これは少しハードルが高いかもしれませんが、かなり引き寄せ効果があるやり方です。

住む予定のところに行って、そのエリア内にどんな賃貸物件があるか探索するのです。
これはかなりおすすめな方法。
遠方だと難しいですが、私は同じ県内で、夫の地元でもあったので行動しました。

実際歩いてみると、ネットでは出てこない、新しいアパートやマンションが意外とみつかるのです!

そう、ネットに出ている物件はほんの1部なんですね。そして、売れ残りも多い。

私の場合、こどもが通う学校を決めていたので、その学区内をひたすら歩きました。
といっても、やみくもに歩いたら疲れてしまいますよね。
なので、学区全部ではなくて、ある程度安全に通学できそうな範囲を地図で決めておき、その範囲だけ歩くようにしました。

学区内でも、学校までかなり遠かったり、ちょっと危険かな?と思われる地域ってあるじゃないですか。
そこは、素敵な物件があっても住まない!と決めて探したわけです。

そして、ネットには載っていない良さそうな物件をみつけたら、大体賃貸物件だと横に管理会社や不動産屋さんの名前や連絡先がかいてあるので、それを物件写真とともに写メります。

外からみただけだと、間取りや家賃まではわかりませんから、それらを聞くためにも撮って控えておくとよいです。
これだけで、ネットには載っていない築浅物件が7.8件みつけることができましたよ。

良い物件をみつけたら、念を送る・イメージする

ちょっとオカルトチックに思われるかもしれませんが、「この物件いいな!住みたいな!」って思ったら、実際にその物件に

「1月下旬に空きが出る」

「ここに私は家族と住んでいる」

と念を送りつつ、自分が住んでいるイメージをするのです。
イメージって、引き寄せるためにはとても大事なポイント!

心の中で、もしくはまわりの人に聞こえない、怪しまれない程度に小さな声でつぶやきます。
これが、効果抜群なんですよ☆

引き寄せた!第一希望の物件が空いた!気づいた瞬間

すると、1月下旬の帰宅後、隙間時間にスマホでsuumoを検索しました。
すると、昨日まで載っていなかった(今まで載ってるのをみたことがなかった)第一希望の物件が出ているではありませんか!

「ん?」

目を疑いました…でも、どうやら事実。しかも、1LDKと2LDKがあるマンションですが、数少ない2LDKの方が募集中でした。

そして、その数分後、メールで新着物件のお知らせが来たんです。
…要は、お知らせメールより、自分でたまたま早く気付いた、ってことですよね。

しかも、手帳に書いたとおり、1月下旬に空きがでました・それをみつけました…

たしかに、1月から3月にかけて引っ越しシーズンなので、不動産が動きやすい時期ではあります。
でも、ここまでピンポイントで自分の思い通りになるなんて!
引き寄せたとしか思えません。

その後も、ほぼ自分が手帳に書いていたスケジュールとおりになりました。

引き寄せの法則の効果をあげるには、○○も大事

さて、引き寄せの法則の効果をあげるためには、今住んでいる家の環境を整えて運気をあげることも大切なんです。
嘘だと思わず、簡単な方法なので参考にしてください☆

運気を良くする方法 即効性
運気を上げるには…即効性があるのは○○だ!運気を上げたい!って、みんな思いますよね。 でも、どうやってあげたらいいのかわからない…と思っていませんか? もっとも即効性がある、...

引き寄せの法則は嘘じゃない!すごい効果がある

今回は、自分が希望の物件を引き寄せた話をしました。

引き寄せの法則って、あくまでも「自分で」引き寄せるんです。
何もしないで引き寄せようと思っても、うまくいきません。

今回は、こどもの中学入学時期に合わせて引っ越しをしたため、色々と制約がありました。
前住んでいた2DKのアパートの引き渡し時期も決まっていたので、なんとかそれまでに!という思いもありましたね。(だって、住むとこなくなっちゃいますもんね)
だから、引っ越し時期も、場所も、入念に準備する必要があったのです。

そのため、自分でできることはやりました。
引き寄せの法則をベースにして、イメージしたり、書き出したり、実際現地に見に行ったり…

ネット任せ、他人任せにしていたら、今住んでいるマンションには住めなかったと思います。

あなたも、住みたい物件や住みたいエリア、引っ越しを考えているなら、私がやったことを参考にしてみてください。
きっと、希望の物件が引き寄せられるはず…☆