世間のニュース

青汁王子の高校の偏差値は?出身大学や当時の収入、美容で成功したわけ

青汁王子こと三崎優さんは過去に逮捕された経験を持ちながら、今もなお人気が高い実業家です。

いまや100億円以上の売上を誇っている方ですが、卒業された高校は偏差値はやはり高かったのでしょうか?

青汁王子が卒業された高校やまつわるエピソード、気になる高校の偏差値など青汁王子に関しての最新情報をまとめました。

青汁王子(三崎優太)プロフィール

 

  • 名前:三崎 優太 (青汁王子)
  • 生年月日:1989年3月29日
  • 血液型:A型
  • 身長:181㎝
  • 体重:70,6㎏
  • 趣味:写真
  • 職業:実業家・投資家・YouTuber
  • 将来の夢:ポートレートの個展を開くこと

青汁王子こと三崎優太さんは、将来ポートレートの個展を開くことが夢だと語っていました。

いま愛用されているカメラはcannonのEOS R5で、シャッタースピードや絞りなどの本を読んで勉強中だそうです。

青汁王子(三崎優太)出身大学

青汁王子 高校 偏差値

三崎優太さんは、大学への進学はされていません

三崎優太さんは高校卒業後すぐに起業していることと、SNSに大学進学についてのツイートが一切ないことから進学はされていないという説が濃厚です。

青汁王子は起業して稼ぐが地味だった

2007年に高校を卒業後、すぐに株式会社メディアハーツという会社を起業されています。

高校3年生の時に「稼がなくてはならない」と考えていた時に書店で出会った1冊の本がアフィリエイトに関する本「ケタ違いに儲かるアフィリエイト術」でした。

アフィリエイトでお世話になっていた広告代理店の方の誘いもあり、原宿竹下通り近くにオフィスを構え、東京進出を果たしました。「夢占い」や「動物占い」など、携帯電話の公式サイト運営をメインに事業を行い、西新宿へ移転した2009年には、社員数は10名ほどになっていました。
引用元:【いいと思ったビジネスは中途半端に終わらせない( Buzip社長.tv)】

本を徹底的に読み込んで高校卒業後、数か月でなんと月収400万円になるほどまでのぼりつめ、節税対策としてメディアハーツを立ち上げたという流れで起業されたそうです。

成人式を迎えるころには10人ほどの社員を雇用し、西新宿へ移転。

2014年から美容通販事業を開始されるようになります。

しかし、最初のころは現在のツイートのような「ホスト」「シャンパン」「ドバイ」という言葉とは無縁の地味な人だったようです。

青汁王子(三崎優太)出身校

三崎優太さんの出身校を調べてみました。

他の方とは違う、変わった経歴の持ち主です。

青汁王子(三崎優太)は2回高校中退している

三崎優太さん本人のツイート通り、高校を2回中退されているのは事実のようです。

高校中退理由は自身のYouTubeで語られていました。

主な理由は

  • 社会不適合者と自負
  • 集団行動ができない
  • 人の言うことが聞けない

学生時代のころから苦手に感じていると、社会不適合者だと自負してしまうとは思いますが、いまでは会社の売上が100億円以上と言われているまでに成功されています。

「経営者をやってよかった。誰にも邪魔をされない、干渉されない、全て自分で決めて動くことができる。それが凄く楽しい」といったことを仰られています。

本当に天性の才能だなと感じますね。人間関係に苦しんでしまう方にとっては夢のような方と言えるでしょう。

卒業したのはクラーク記念国際高等学校

2回の中退を経て、最終的に卒業された高校がクラーク記念国際高等学校です。

入学されていた高校はさまざまな憶測がありますが、全日制の高校と通信制の高校の2種類に入学、そして編入したという意見が有力とされています。

全日制の高校

  • 札幌龍谷学園高等学校
  • 札幌東商業高等学校
  • 札幌山の手高等学校
  • 北海道札幌白陵高等学校
  • 札幌新陽高等学校

通信制の高校

  • 北海道有朋高校
  • 星槎国際高校
  • 札幌自由が丘学園三和高校
  • とわの森三愛高校
  • 北海道芸術高等学校
  • 池上学院高校
  • 双葉高等学校

そして最終的に卒業された学校がクラーク記念国際高等学校です。

  • 学校名:クラーク記念国際高等学校
  • 学科・コース:通信制課程
  • 偏差値:なし
  • 入試難易度:なし
  • 所在地:〒078-0151 北海道深川市納内町3丁目2₋40
  • 最寄り駅:納内駅
  • 公式HP:クラーク記念国際高等学校

クラーク記念国際高等学校は全国各地にあり、アスリート養成やインターナショナルコースなど多岐にわたる教育方針を展開されている学校です。

三崎優太さんは、そこの通信制課程を卒業されています。

青汁王子(三崎優太)は400万稼いでいた

青汁王子 高校 偏差値

高校ニートだった時期を過ごしていた三崎優太さんですが、高校3年生のころから独学でサイトを作り始めました。

初月から10万、翌月には30万と伸ばしていき、ついには月収400万円も稼げるほどにまで上りつめました。

青汁王子(三崎優太)出身中学校

三崎優太さんは、2001年4月に北見市立北中学校へ入学し卒業されています。

  • 学校名:北見市立北中学校
  • 偏差値:なし
  • 入試難易度:なし
  • 所在地:〒090-0068 北海道北見市美山町南10丁目31-1
  • 最寄り駅:北見駅
  • 公式HP:北見市立北中学校

三崎優太さんの履歴書のツイートに書かれてある通り、北見市立北中学校が出身中学校とみてまず間違いないでしょう。

中学生時代のころはツイートのようにやんちゃで少し変わり者だったようです。

雪が積もっていて大事には至らなかったようですが、それでも大声で叫んだあとに二階から飛び降りる行動は、他の生徒からみると異質な存在だったでしょう。

その行動について覚えていないという発言にも少し、びっくりしてしまいますね。

青汁王子がタバコをやめた理由が衝撃的

中学生時代から10年以上タバコを吸い続け、禁煙外来にも通っていたという三崎優太さん。それでもやめられなかったのに、ある言葉に衝撃を受けてそこから1本も吸っていないそうです。

その言葉とは

  • タバコを吸うと老化する
  • タバコは老化を加速させる

老化という言葉が三崎優太さんの中で「このままではやばい」「若返りはお金では買えない」と気づき、禁煙が成功したそうです。

禁煙外来に行くよりも「美容に悪い」という言葉1つでやめられてしまうほどなので、この頃から美容に興味があったことが垣間見えますね。

禁煙に関してはYouTubeの方でも話をされていました。

また、「若返り」のために1000万円の美容手術に挑戦されたり「美容」「老ける」ということに敏感なのでしょう。

この興味関心がきっかけで青汁王子として成功されたと言えるでしょう。

青汁王子(三崎優太)出身小学校

青汁王子 高校 偏差値

出身小学校は特定されていませんが、有力な候補は3つほどあがっています。

  • 北見市立中央小学校
  • 北見市立北小学校
  • 北見市立美山小学校

北中学校の通学区域からみた可能性ですが、明らかにはなっていません。

青汁王子の高校の偏差値は?出身大学や当時の収入、美容で成功したわけ・まとめ

青汁王子こと三崎優太さんの高校の偏差値や学生時代のエピソード、当時の収入についてお伝えしました。

まとめ
  • 大学への進学はしていない
  • 高校卒業後、数か月で月収400万円を稼ぐ
  • 節税対策のため株式会社メディアハーツを設立
  • 起業し始めのころは今よりも地味な印象
  • 高校は2回中退している
  • 卒業高校はクラーク記念国際高等学校
  • 中学校は北見市立北中学校
  • 中学生のころからタバコを吸っていた
  • 大声を出したり窓から身を投げ出す変わり者

お読みいただきありがとうございました!